男性型脱毛症についてのカルテ

男性型脱毛症はプロペシアなどの主成分「フィナステリド」の服用やミノキシジル服用で改善することができます。しかし、服用をストップしますと症状を改善できなくなりますので、できるだけ「フィナステリド」は続けましょう。

男性型脱毛症の遺伝子とは特徴

男性型脱毛症は別名「AGA」と呼ばれている薄毛であり、遺伝子の影響を受けることで男性ホルモンが乱れ、薄毛の症状を引き起こすのが男性型脱毛症の特徴です。
また、遺伝子の影響を受けているため、遺伝子検査を受けることで男性型脱毛症の薄毛であるのか、それとも他の薄毛なのかと言った診断が出来るのも特徴です。
血液を採取する事で遺伝子を調べることが出来ると言いますが、男性型脱毛症の症状を持つ人の頭皮には、多くのDHTと呼ばれている男性ホルモンが存在していると言います。

人間の身体の中に存在する男性ホルモンの1つにテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが在りますが、テストステロンは遺伝子の影響を受けることで体内に存在する酵素でもある、5α-還元酵素と結びつくと、別の男性ホルモンに変換される特徴が在ります。

別の男性ホルモンと言うのは、DHTとよばれる男性ホルモンであり、5α-還元酵素と結びついてしまうとDHTに変換されてしまうのです。

DHTはヘアサイクルを乱す性質を持つ男性ホルモンであり、通常3年から5年と言われている成長期のサイクルを僅か3ヶ月と言う短い期間に短縮させてしまいます。
DHTは成長期の期間を短くする指令を発生させる性質が在り、成長過程に入った毛髪は短い期間で休止期に入るため、髪の毛が成長せずに途中で抜けてしまうのです。

尚、男性型脱毛症は遺伝による要因が強いと言いますが、治療では遺伝子を変える事は出来ませんので、DHTに変換してしまうと言う5α-還元酵素を阻害する方法での治療が一般的です。
また、5α-還元酵素を阻害する事で、DHTに変換されることが無くなるので、ヘアサイクルが正しくなり、結果的に発毛を期待することが出来るようになるのです。